1. HOME
  2. ブログ
  3. ハイブリッド車、PHV、EVの燃料費回収年数比較表を作りました!!

ハイブリッド車、PHV、EVの燃料費回収年数比較表を作りました!!

Pocket

ハイブリッド車、PHV、EVの燃料費回収年数比較表を作りました!!
まず最初に、昨日届いた日経ホームビルダーに連載記事が掲載されました。
「断熱性能が低いとエアコン嫌いに!?」という題目です。
ハイブリッド車、PHV、EVの燃料費回収年数比較表を作りました!!
今日の本題は、エコカーはどのくらいお得なのか?ということを詳細に検証してみた結果を
まとめた内容です。
私は初代プリウス(中古車で購入)と2代目プリウスをそれぞれ10万キロ以上運転しました。
今も事務所には走行距離23万キロのプリウスが2台もあります。
(1台は中古車購入もう1台は新車購入)
最近、自営業のお客様でかなりのガソリン代を使われている方がいらっしゃり、その方への
アドバイスがきっかけとなって作りました。
この表の作成にあたり、燃費はカタログ燃費ではなく、極力実質燃費にて計算するようにしました。
また、補助金の有無、走行距離、優遇税制も全て加味しました。
ハイブリッド車、PHV、EVの燃料費回収年数比較表を作りました!!
おそらく、ここまで具体的に比較した表は車雑誌、インターネットのどこを探しても存在しないと思います。
確かに燃費だけみると、10km/Lの車に比べると普通のプリウスはおよそ2.5倍
リーフは7倍も安くつきます。
しかしながら、リーフの実質走行距離は130km程度と言われ、実用的とは言いがたいです。
また暖房の効きが極めて悪いということも聞いています。
プラグインハイブリッドがこれから増えてくると思われますが、現状では24km程度分
しか電気自動車として走ることができません。普段街乗りで週末だけ遠出という人には
効果が大きいでしょうが、普段から遠出が多い人にはそれほどメリットが多くないということが
わかります。
ちなみに、今まで3台のプリウスでどの程度儲けることができたのかを表から読み取って
みました。
初代プリウスは自分の代でおそらく20万キロ、10年 約180万
中古で購入した2代目プリウスで15万キロ、7年 約120万
新車購入の2代目プリウスは20万キロ、10年 約180万
とすると、約480万円節約できたことになります。
もちろん、15年位前のガソリンは今より安かったのでそれを加味するとおそらく400万くらいの
節約にはなったと思っています。
しかも、それだけ儲けさせてもらった上にさらなる特典があります。ほとんどの方が知りませんが
プリウスという車に限ってだけは走行距離が40万キロに達していても10から20万円で下取り
してもらうことができるのです!!
車に趣向を求めず、経済性だけを求めるのであれば、これほど素晴らしい車はないということに
なります。
しかしながら、改めて試算してみてプラグインハイブリッドが思ったほど節約効果がないことが
意外でした。電気自動車は想像どおりでしたが・・・。
いろんな節約方法や投資の話がありますが、太陽光発電や断熱強化、冬の日射取得、
夏の日射遮蔽、車の低燃費化といった項目の方がはるかに確実で高い利益を生み出します。
今の太陽光発電は利回りに換算すれば10%を超えることも十分に可能です。知らないということは
高くつくということです。
皆さんはこの表を見てどう思われたでしょうか?

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事