1. HOME
  2. ブログ
  3. レネさんヨークさん来日打合

レネさんヨークさん来日打合

Pocket

昨晩はまたまた帰りが遅くなってしまったので今日のブログ更新です。
昨日は朝からO邸の現場打合、また今までにはないタイプのプランなので
電気打合はもちろんですが、建物自体の出来映えが面白く、非常に楽しい
空間体験ができました。
昼からはI邸のプラン提案。ちょっとした修正はありましたが、非常に気に
いっていただき、大成功に終わりました。
そして最後が日本初のスイス、ミネルギーPエコ認定の取得を目指す
先とは別のI邸の打合、かなり久々でしたが、スイスからレネさんと
ヨークさんにお会いしました。二人にお会いしたのは昨年11月にスイス
でお別れして以来でした。
レネさんはSBC工法という全く新しい木工造を開発した社長さん。
ヨークさんはヨーロッパのMITともいわれるスイス連邦工科大学の
先生(身長2m!)
それに、そのスイス連邦工科大学に東大から留学しているGさん
もプロジェクトの重要な一員なので参加して下さいました。
基本的にほとんどの会話は英語なんですが、最近英語に触れる
機会が少ないため英語力の低下を痛切に感じました。あとの全員は
完璧に聞き取れていても私は8割くらいしか聞き取れません。いや、むしろ
聞き取れないというよりは聞き取った言葉の意味が分からないという
方が正確なように思います。
日本語であれば、自分の思ったことをどんどん発言し、もっともっと
深く楽しい会話となるであろうに・・・。本当にもったいないし、悔しい話です。
Gさんは若干27歳ですが、言葉はもちろんのこと、既にあちこちで
講演等も行っているという超しっかりした青年。「こんなに頭が切れる学生
さんというのが存在するのか?」という逸材です。しかも人間的にも超
さわやか。
その秘訣を帰りの車の中で聞いてみるとどうやらそれはお母さんにある
らしいのです。「両親ともに高卒で学があるというわけではありません。しかし、
育て方は良かったんだと思います。」とのこと。
東大を崇拝するわけではありませんが、現にお兄さん二人も東大に行っており
二人とも異分野にて活躍しているとのこと。今年はこのことがテレビでも取り上げ
られ、本を出版、現在は講演をして回っているそうです・・・。
ただのエリートではなく、考える力を持ち、行動することができ、対人能力も
しっかりしている・・・。どうやったらああいう育ちになるのか非常に興味があったので
当然のように今朝アマゾンにて本を注文。今から読むのが楽しみです。
昨晩は最後はIさんに子どもが出来たこともあり、すぐ近くにある奥様の実家まで
同行し、赤ちゃんをさせてもらいました。うちは3年前でしたが、赤ちゃんがここまで
小さいものだということを完全に忘れていました。3歳のわが子もいまだに赤ちゃんの
ように思ってましたが、当たり前ですが、全然違いますね。あまりにものはかなさに
久々にたじたじになりました。
そのあと、Iさんに食事に連れて行って頂き、本当においしい魚をたくさん食べて
から帰ってきました。昨日今日は、珍しく妻と子供が金沢にいる妻の友人宅に
旅行に行っているので、非常に珍しいシングルライフです。ということですが、
時間はあっという間に過ぎてしまいそうです。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事