1. HOME
  2. ブログ
  3. 最近説明不足の土地資料が多い

最近説明不足の土地資料が多い

Pocket

今日も新しいプランをするに当たって、不動産屋さんからもらった土地の
資料を読み込んでいました。
西宮市内の土地ですが、第一種低層住居専用地域と書いてあるのに
壁面後退に関して何も書かれていません。
忘れているのだろうと西宮市のサイトを見ると、やっぱり忘れている。
それだけならまだしも最も制限の厳しい第一種高度地区も設定
されている上、西宮で最も強烈な規制である風致地区にもきっちり
かかっています。
良識ある不動産屋さんの資料であればこれだけ強烈な規制を
全く記入しないということはあり得ません。
この不動産屋さんは施主様に土地の正確な面積、形状が分かる
資料すら渡していませんでした。土地だけで4000万を超える
価格がする買い物です。これの1/10の価格である自動車の
営業でこんなことがありうるでしょうか?
こういうプロ意識に欠ける業者さんが多い限り、不動産業界への
認識が良くなることはないように思ってしまいました。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事