1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅メーカーのリフォーム部門は新築部門とは大きく異なるのでご注意を!

住宅メーカーのリフォーム部門は新築部門とは大きく異なるのでご注意を!

まず、最初に全てがそうではないということでご注意願います。
私は元々住宅メーカーに務めていたこともあって、住宅メーカーの内情は
よく知っているほうだと思います。
確かに新築部門に関しては自由度は効かない代わりにものすごく企業的に
システマティックな体制が如かれています。一般消費者が想像するような
製品の均一性や性能が出やすい状況と考えて差し支えないと思います。
で、新築と同じようにリフォーム部門も勝手に頭の中では「大手だから・・・」
という図式が出来上がっているのではないでしょうか?
たぶんほとんどの方がそうではないかと思います。
しかし、実際には全く異なるというのが真実です。
ほとんどの会社では圧倒的な知名度と営業力を元に、仕事を確保し
あとは下請けの工務店に丸投げ・・・。利益だけはガッポリ取るというパターンが
ほとんどです。
当然、品質は地場の工務店と全く変わらないか、下手をすると利ざやが抜かれている
のと、下請けだからという意識が働いた場合、地場の工務店のリフォームを下回る
ことさえあります。
それでも全国チェーン系の営業イケイケのリフォーム専門会社よりはまともな対応は
してもらえる可能性は高いです。
今、住宅メーカーでは新築部門が右肩下がりであること、逆にリフォームは右肩
上がりであることを理由にどんどんリフォーム部門に力を入れています。ただ、
一般消費者で上記の事実を知る人は少ないと思います。
この記事を読む人がひとりでも増えてこういう結果にならないことを願っています。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事