1. HOME
  2. ブログ
  3. 「元住宅営業マンが語る住宅会社の見分け方」というサイトに迷惑しています

「元住宅営業マンが語る住宅会社の見分け方」というサイトに迷惑しています

Pocket

6月1日
元住宅営業マンが語る住宅会社の見分け方・・・みたいなサイトが結構いい加減な指標を振りまいていて迷惑しています。。。
正しいことを書いてあるならまだしも、構造、断熱、気密に関して明らかに間違ったことを結構数字を交えながら語っています。分からない人がみたらうるさ型の詳しく頼れるサイトに見えると思います。
C値のところを見ると、東北エリアは2、温暖地は5が目安とか書かれてて「一体いつの時代の話してんだよ!」
って低レベル。
かと思えば、構造に関しては「耐震等級3でも全然安心できませんのでご注意を!!」とのこと
このサイトを見てからこられたと思われるお施主様に少なくとも二人見たことがあります。
まず、言っておきますが元住宅メーカーの営業マンで技術面をしっかり体系的に押さえられている人は全国さがしてもかなりの確率で間違いなく一人もいません。
許容応力度計算をやったことがある人はゼロだと思います。
Q値、もしくはUA値の計算をやったことがある人も全国で100人いるかいないか
C値測定に関しても立ち会ったことがある人は非常に少ない。
それ以前に、自分で構造の伏せ図を書いたこともなければ確認申請すら出したこともないのが営業マンです。(設計マンでも住宅メーカーの場合、外注が多いので確認申請すら出せない場合が結構あります。)
たしかに、彼らのうちトップ層は営業のプロではあります。だからといって住宅技術のプロであるかのごとく語る。しかもあっているならOKですが、間違った知識を強力なSEOの力をもって拡散するのは本当にやめてほしいと強く思います。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事