1. HOME
  2. ブログ
  3. 今後のエネルギー政策の行方

今後のエネルギー政策の行方

今日は毎年恒例の半期を締めくくる大蔵海岸プライベートビーチBBQを行いました。
晴天に恵まれ最高のシチュエーションでした。ということで13日から16日まで
松尾設計室はお休みとさせていただきます。
本題ですが、政府が7/29に発表したエネルギー需給安定策工程表によると
今夏にでも取り組む項目の中で注目すべきものとして
省エネ基準の徹底強化
分散型電源システムの導入促進
再生可能熱・見利用熱の促進
というのがありました。
また来夏までの項目では
温暖化対策税の導入
固定買取価格制度の導入
スマートメーターの促進
等がありました。
ところが再来夏以降ともっとも遅くなっているのが
住宅の基準適合の段階的義務化となっていました。
やはりこの項目に関してだけは相当に腰が重いようです。
ちょっと前の南雄三さんからのメールでも国交省の雰囲気は
同様だと書いてありました。いずれにせよいいことではあります。
再生エネルギー特措法も通る目処が立ったことですし、これから
日本のエネルギー政策は大きく変わっていくと思います。
目が話せません。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事