1. HOME
  2. ブログ
  3. やはり湿度計はものによって差が非常に大きい。

やはり湿度計はものによって差が非常に大きい。

新しい加湿器が届いたので早速使い始めました。
当然ながら前から加湿器は持っていたのですが、御施主様に推奨
する前に自分で使ってみようということ、そして、今までの加湿器では
ちょっと加湿量が足りないと感じていたことが原因でした。
ちなみに今まで使っていたのはボネコの気化式の加湿器でした。
これはこれでフィルター交換がいらないこと、電気代が安いこと
過加湿することがないこと、気化式にしては音が静かであること
が長所でした。
音以外に関してはすべての気化式の加湿器に当てはまると思いますが
音に関しては回転する円盤の大きさが大きな商品でないと回転数が
高くなうるさくなります。以前使っていた加湿器がそうでした。
今回購入したのは三菱のラクリアミストSV-DK80D
というものです。安く購入したかったのでオークションで購入したところ
本来なら25000円ほどするところが5000円で購入できました。
しかも、十分にきれい。いい買い物をしました。
この商品、数年前から電気屋さんで内部構造まで確認して「すばらしい」
と思っていたのですが、まだ使えるものがあったので購入せずにいました。
いざ購入してみて気づいたのは付属している湿度計の反応の速さです。
1%単位の動きが数十秒ごとにあるという感じです。精度が高いと言われる
電気式ですが、今まで部屋にあった一般的な湿度計より15%程度
高い値が表示されます。
湿度計はホームセンターで同一商品を比べてもかなりのばらつきがあります。
かなりの確率で今回の機械の湿度計の方が精度が高いと思っています。
この商品がボネコより優れているところは、この湿度計。そして、自動モードの
他、のどモード うる肌モードといった絶対湿度に基づく制御モードがとりつけられて
いる点です。特に、のどに関しては最適な湿度は絶対湿度9gという説があり、
その場合、温度によって最適な相対湿度は変わります。18℃のとき65%
22℃のとき50%といったように・・・。
それにプラスして、カルキがたまりにくい仕組みになっているところ。
これも非上に大きいポイントです。
しかしながら、加湿器という単純な機械ですが、この機械は非常によくできています。
横から眺める水面のボコボコが面白いので娘もじっと見つめて楽しんでいます。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事