1. HOME
  2. ブログ
  3. おそらく世界初、住宅ローン金利実質ゼロ以下で建てる住宅!!

おそらく世界初、住宅ローン金利実質ゼロ以下で建てる住宅!!

これは今から着工する友人Mの自宅の話です。
厳密な資金計画を詳細に聞いているわけではないのですが、あらかたの
推測で書いてみます。
たまたまですが、この住宅の敷地は東西に細長く、北側斜線を
気にする必要がありません。よって横長で全面南向きのプランが
可能でした。
次に彼自身、太陽光発電に関連する研究室をでていることもあり
太陽光には詳しい。またきちんと合理的に経済性を判断できる性格。
そこで、今回兵庫県産木材利用融資制度で25年固定金利で1.2%
本来なら2000万までしか借りれないところ、太陽光の上乗せで2500万
まで借ります。この総支払額は利息分395万程度、諸費用93万程度で
2988万。元金以外の金額は498万円
これだけでも異常に有利かつ、これからの金利変動リスクもかわしている
わけですが、これに加えて太陽光発電を10kwちょっと載せます。
これにより20年間全量買取が実現します。20年間の収支は+512万程度
この時点で20年だけ見ても利息よりも100万以上収入の方が多い状態。
手数料を含めても14万儲かる計算になります。
ただ、太陽光は少しづつですが、発電量が落ちると思うのでこの時点では
とんとんくらいになるかもしれません。またこの間パワコンも1度は
交換する必要も出てくるでしょう。
しかし・・・機械が壊れていなければ20年目から25年目においても
売電による儲けはあるはずです。現状のような高額買い取りでなくても
昼間と同額の24円で買い取ってもらったとしても年間25万の儲け。
5年なら125万の儲けとなります。これだけあれば、パワコン交換分と
発電量の減少分も十分相殺できると思われます。
さらに・・・。この住宅、長期優良住宅の補助金で120万円もらうように
なっています。実は上記のローン以外にももう一つローンを少しだけ組むのですが
それを加味してもこれらすべてを考えると十分に実質金利ゼロ以下と言える
と思います。
今まで15年の設計人生の中でもダントツ、世界的に見てもこれだけの金額を
借りながら実質ゼロ金利以下で住宅を建てられる例は日本のゼロ金利政策、
兵庫県産材利用融資制度、10kw以上の太陽光の20年全量買取、長期優良
住宅の補助金、太陽光発電の超低価格化という5つの条件がすべて重なって
こその実現です。
本当にラッキーな男だと思います。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事