1. HOME
  2. ブログ
  3. 驚愕と謎の電気代を見ました。

驚愕と謎の電気代を見ました。

今日はちょっと前に引き渡した江井ヶ島のS邸に伺いました。いろいろとお喜びと
お褒めの言葉をいただき、こちらも嬉しくなってしまいました。
「引っ越し後旅行に2回行ったが、家の方がいいと初めて思った。」
「今までは子どもが家に帰りたがらなかったのが、家が一番のお気に入りとなった」
「来客者がほぼ全員、絶賛」
等々、最高の賛辞でした。
そのなかで特に驚き、謎ですらあるのが電気代でした。
現状では家族3人に、太陽光発電を3.76kw載せただけという一般的な
構成ですが、なんと直近の電気使用料が3000円台、
売電価格が17000円台、
その結果利益が14000円近くあるのです!
たしかに直近は冷暖房ともほとんど必要ない中間期でしたが
それにしても安すぎます。設計した当の私でもなぜこんな値が
出るのか理解できませんでした。
漏電等不測の事態があった場合は逆に電気代は多めに算出
されます。ですのでそういう事態はありえません。5月は1年でも
最も発電量の多い月です。それにしてもすごい値です。
毎月こうではないでしょうが、この調子であれば、ネットや携帯電話
等を含めても月々の光熱費はゼロとなっている可能性があります。
今までの感覚ではものすごく節約される方で6000円台というのが
一般的だっただけにかなり驚きました。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事