1. HOME
  2. ブログ
  3. 費用対効果で考えるとエアコン設計の最適化が圧倒的に一番

費用対効果で考えるとエアコン設計の最適化が圧倒的に一番

Pocket

断熱気密が超重要なのは言うまでもありません。

ただ費用対効果の観点で見る場合、夏の日射を遮り、冬の日射を取り入れる設計のほうがより優先度が高くなります。

高断熱化するひとつの理由としてランニングコストを下げるというものがあります。ただそのためにいくら上級者でも多少なりともイニシャルコストがあがってしまいます。

それにたいして太陽に素直な設計は設計上の工夫だけなので面積が変わらなければランニングコストだけ下がってイニシャルコストは変わらないことが大半です。よってこちらのほうがより優先度が高いということになります。

同様の考えでいくと、太陽に素直な設計よりも先にやるべきことが見えてきます。

エアコン設計の最適化です。涼しさ、暑さともに不足がない(満足できる)範囲において最も台数が少なく、かつ容量を小さくすることができれば、それがもっともランニングコストが下がります。

さらにすごいことに、ランニングコストを下げながら唯一イニシャルコストも下がる項目であるということです。こんな項目は他にはありません。。。

しかしながら、断熱、太陽に素直な設計とは異なり、わかりやすく解説された本もウェブサイトも存在しない。。だから、本来真っ先にやるべきなのにほとんどの住宅で実践されていない。。。非常にもったいない現実です。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事