1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築技術1月号「改正省エネ基準と省エネ住宅計画原論」が届きました!

建築技術1月号「改正省エネ基準と省エネ住宅計画原論」が届きました!

建築技術1月号「改正省エネ基準と省エネ住宅計画原論」が届きました!
昨日は選挙速報があまりにも面白くなかったので、おそらくここ20年くらいで
初めてですが、たいして見ることなく寝てしまいました。
ただ、NHKの選挙速報のメインキャスターが高校時代の同級生である高瀬耕造君
であったことです。同級生が頑張っているのを見ると励みになりました。
今日は朝職場に行ってみると、3年前に買った500GBのバックアップ用の外付け
ハードディスクが一杯になってしまいました。ほんの数年前なら500Gもあれば、
生涯行けそうな気がしていたものですが、最近のデータ量の増え方はものすごい
ものがあります。早速2Tのハードディスクを注文しましたが、これまた安い!
1万円以下で買えてしまいます。最近電化製品を買うたびに、電気メーカーが儲からない
理由が分かる気がします。
昼になると、注文していた建築技術の1月号が届いていました。
毎年1月号は南雄三さんが中心となって省エネ特集が組まれるので
必ず、購入して読んでいます。
国の省エネ基準が作られる過程も書かれていましたが、あまりにも
理念がないことに改めて驚かされました。
しかし、いつもながら南雄三さんが自分の意見を書かれている部分は
お見事です。
他にも注目すべき部分がいくつかありました。
・岩前先生の記事
・新潟のオーブルデザインさんの記事
・パッシブハウスジャパンの会員さんでもある
アーキテクト工房Pureの高岡さんの記事
このあたりは読み応えがありました。
かなりマニアックな建築技術ですが、興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事