1. HOME
  2. ブログ
  3. ここ10年で使ったノートパソコンでダントツベストです!!

ここ10年で使ったノートパソコンでダントツベストです!!

この十年で出張が多くなった分、ノートパソコンで仕事をする機会が圧倒的に増えました。当然ノートパソコンに求めることも多くなります。

過去ASUSの極薄ノートから始まりVAIO,LENOVOのYOGA、VAIOZ,LENOVOのX1carbonと変遷してきました。

私が絶対重視しているのは以下の項目です。

・13.5インチ~14インチで薄型(A4サイズで気軽に持ち運べるギリギリの大きさと軽さの中で最も大きい)

・ペン入力ができる。(設計セミナーの時ホワイトボードがなくても説明できる。その他講演時に便利な事が多い。出張中会社から緊急の図面チェックが来ても対応しやすい)

・絶対にWindows(Windowsでないと使えない便利なソフトをたくさん使っている。またマックで動かすには不安定もしくは重いものも含まれている)

・動作が安定していてかつ早い

・上記を満たすことが前提としてできればデザインがきれいなほうがいい。。

ざっとこんなところです。

それぞれおさらいするとASUSのパソコンは一番古いですが、当時としては本当に素晴らしかったです。デザイン、薄さ、軽さすべて含めてWindows版MacBookAirという感じでした。しかし、micrHDMIという端子が華奢過ぎて最後はポキっと折れて使えなくなりました。

VAIO(ソニー時代、分社する前)は全体的には良かったのですが、とにかくプロジェクターとの相性問題が最悪でした。1/3くらいの会場でつながらないという失態ぶりでした。他には特に不満がなかったのですが、私にとっては致命傷で早々に引退となりました。。

LENOVOのYOGAはとにかくキーボードの位置に癖がありすぎてブラインドタッチするわたしにとってはイライラの極みとなってしまいました。それ以外は良かったのですが、そこがネックとなり長くは使えませんでした。

ソニーから分離したあとのVAIOZは非常に優秀でした。今使っているパソコンの次に良いパソコンだったと断言できます。早い、使いやすい、デザインきれい、安定している。ペン入力のタッチも素晴らしい。。。2015年位から一度もモデルチェンジしてませんが、モデルチェンジされたならこれを買ってたと思います。

一つ前に使ってたのがLENOVOのX1carbon。これが期待してたんですが外れでした。まずOS上のトラブルが多すぎて動作がかなり不安定。内蔵Simも期待してたんですが、接続も立ち上がりもかなり不安定。ペン入力に関してもタッチも感度も悪すぎる。。それ以外は悪くはなかったのですが、それらが悪いと使ってて結構ストレスがたまりました。かなり高価だったのですが1年使わずにリタイアとなりました。

で、今回選んだのがMicrosoftのSurface laptop3

有楽町駅前の家電量販店で一目惚れしました。といっても一目惚れして即決するような性格ではありません。帰宅後色々調べてみても中身も素晴らしいので即購入しました。

決め手となったのは以下のポイントです。

・圧倒的に美しいデザイン端的に言うとWindows版MacbookPro

・ペン入力のタッチが素晴らしくなめらか

・CPUの性能が現時点の薄型パソコンの中で最高レベル

・モダンスタンバイという瞬間的に立ち上がる機能がついている。Ipadやスマホのように開いた瞬間から使えるのでスキマ時間でも使う気になる。顔認証が非常に優秀で感覚的に0.3秒以内に使い始められる

以上は家電量販店でも確認していたのですが、実際に使ってみての感想は以下のとおりです。

・質感が高い分、少々重いが許せる範囲内

・デザインを優先しているため端子は少ないがこれもアダプターがあればクリアできる

・安定感、スピード感、相性問題ともに申し分ない

・マックによく間違われる

・スキマ時間の使い方がうまくなった

・デザインがきれいで動きがなめらかだとパソコンを触るたびに気持ちがあがる。触る時間も増えた

・バッテリー持続時間も合格

・モバイルバッテリーPDにも対応している

・キーボードだけは少々浅いが配置がノーマルなので問題なし

ということで2~3年に1回は買い換える感じですが、今後VAIOZがよほどすごいのを出さない限りはずっとこの機種を買い替えていくことになりそうです。

関連記事

著書紹介

おすすめ記事

最新記事

過去の記事